>
>
小地域ネットワーク活動、リビング・子どもの居場所






 

 

リビング・子どもの居場所

そもそも「リビング」って?

 

 岸和田市内で暮らす住民同士が、町会館・福祉施設・個人宅に集って、

  お茶を飲みながら過ごすことができる居場所です。

  子ども・お年寄り・障害者にかかわらず、誰もが集える場所です。

 

そもそも「子どもの居場所」って?

 

 子どもの孤食を防ぐことを第一の目的として、世代を越えた住民同士が集い、

 交流することで、子どもたちを地域で育む場です。

 

    リビング・子どもの居場所ガイドブックについては、こちらをクリックしてください。

 

 

 

  リビング・子どもの居場所に関わってくれるボランティアを募集中!

  お茶などの配膳や片づけ、参加者とのお話し相手など、やってみたい方は、

 社協までご相談ください!

  見学や仲間入りのお手伝いをさせていただきます。


 

 ↓また、新たにリビングを立ち上げたい方は、こちらもご覧ください↓

        リビング設置・運営にかかわる助成について

 

小地域ネットワーク活動

小地域ネットワーク活動は、地区福祉委員会を基盤とする小地域(概ね小学校区)を単位として地域で暮らすうえで、何らかの困りごとを抱える人を対象に地区役員、民生委員児童委員、ボランティア、近隣住民が中心となって“助け合いの網の目”を張っていく活動です。

 

個別援助活動

 個別援助活動とは、見守り・声かけ訪問活動や配食活動など、個別支援を目的とした助け合いの活動です。

近隣住民による訪問活動を行うことで、地域で孤立しがちな人も安心感をもって生活できるようにサポートします。

ちょっとした変化に気づき、問題の早期発見につながるとともに、地域ならではの日頃からのつながりが、災害時など

いざという時にも活かされます。活動内容としては、町単位でも異なりますが、概ね月1回程度の見守り・訪問活動です。

 

 

グループ援助活動 ~いきいきサロン活動~

 グループ援助活動は、身近な場所で地域住民・ボランティアがともに交流したり、食事をすることによって日頃からの

つながりを強化する活動です。

保健・医療・福祉など関係機関の協力を得て生活に役立つ情報を得たり、軽い体操を行うことで孤立を予防するとともに

介護予防にも効果が期待されています。

     

 

 

 

グループ援助活動  ~世代間交流活動~ 

 

 

グループ援助活動 ~子育てサロン活動

子育てサロンは、 就学前の子育て世代を対象にした居場所づくりです。手遊びや工作、紙芝居などそれぞれのサロンに

よって活動内容は、様々です。地域のボランティアと子育て世代がお顔が見える関係性をつくれる場になっています。お気

軽にご参加ください。開催場所によっては、保険料100円程度かかる場合があります。