>
生活福祉資金貸付事業






 

 

  生活福祉資金貸付制度  

 

≪新型コロナ特例貸付について≫

  新型コロナウイルス特例緊急小口資金貸付の概要はこちら  緊急小口資金申請書類

      新型コロナウイルス特例総合支援資金貸付の概要はこちら 総合支援資金申請書類

※新型コロナ感染拡大防止のため、特例貸付手続きについては、全て郵送受付となります。窓口での申請受付は行いません。書類の記入も全てご自宅でお願いします。申請書類を社会福祉協議会にご持参いただく事はご遠慮ください。

※給付金詐欺や貸付金の不正請求等が全国でも多発しており、貸付申請者世帯の個人情報については、貸に必要な範囲で関係機関(岸和田市役所生活保護担当警察等)と共有させていただく事があります。虚偽 の申込、その他不正な手段により貸付を受けたケースについては、貸付金の一括償還警察への通報など厳正に対処させていただきます。 

岸和田市社会福祉協議会は貸付の受付機関であり、審査状況や振込時期等はこちらでは分かりません。

 また不承認となった場合もこちらでは理由等は確認できません。進捗状況の確認や振込、返済等の連絡

 は、大阪府社会福祉協議会 生活支援部(☎06-6762-9474/06-6762-9480)へ連絡をお願いします。

≪令和3年3月29日更新情報≫

現在申請を受付している緊急小口資金及び総合支援資金(初回貸付・再貸付)特例貸付について、申請期間が令和3年6月30日まで延長となります。6月30日まで消印有効です。7月1日以降の申請については受付できません。

なお、総合支援資金(延長貸付)は、令和3年3月末日までに総合支援資金(初回貸付)を申請した世帯をもって終了となります。

令和3年4月以降に新規に申請された場合には、緊急小口資金と総合支援資金(初回貸付)合わせて最大80万円まで貸付を受けることができます。

 

≪令和3年3月12日再貸付に関する更新情報≫

312日以降にダウンロード様式で申請される方につきましては「総合支援資金特例貸付(再貸付)変更事項に関する確認書」を提出いただくことにより、添付書類を省略することができます。ただし、直近の契約内容より変更している場合は住民票や本人確認書類、振込先口座のわかる通帳コピーをご提出ください。申込内容が異なっている場合、虚偽申請として貸付できません。なお、申し込みが集中しているため、以前の申し込みについての照会にはお答えできません。また、すでに申し込みを受け付けた方の申請書類(初回・延長・再貸付)はお返しすることができません。※確認書は下記の申請書類様式に含まれています。

 

緊急事態宣言下であり、岸和田市社協としては以下の特例貸付対応となります。

※他市の対応と異なる場合があります。

・予約なしの面談や貸付書類の持参はご遠慮ください。

・相談時間は平日9時~17時まで(土日祝は相談対応不可)

※貸付には審査があります。必ず貸付が承認されるわけではありません。審査には約一カ月かかると言われております。貸付申請から決定振込までの生活に窮迫する場合は生活保護の申請もご検討ください。                                     〇再貸付のご案内(必ず内容を確認ください)                       〇再貸付申請用紙

≪令和3年2月16日更新情報≫

総合支援資金特例貸付の再貸付について

大阪府社会福祉協議会のHPが更新されました。大阪府社協HP→詳しくはこちらをクリック

2月19日より新型コロナに伴う、総合支援資金特例貸付の再貸付の受付が開始となります。対象者の方には大阪府社会福祉協議会より申請書類の様式が送られてきます。貸付申請については、郵送での申請のみ受付を行います。申請される方は必要書類を準備し、岸和田市社会福祉協議会まで郵送ください。窓口が混雑する可能性があるため、書類を持参する事はご遠慮ください。ご持参いただいても受付は行いません。

貸付申請書類のお控えは郵送前にご自身でコピーをお取りください。こちらで控えをお渡しする事はありません。

 

≪令和3年2月8日更新情報≫
新型コロナウイルスに伴う総合支援資金特例貸付再貸付について
新型コロナ特例貸付(特例総合支援資金)の再延長手続きについて、たくさんの問い合わせをいただいておりますが、令和3年2月8日現在手続き方法等について詳細が分かっていない状況です。詳細が分かり次第ホームページ等で情報を掲示します。貸付申請書類は大阪府社会福祉協議会から直接対象者に郵送されてきます。岸和田市社協から申請用紙をお渡しする事はありません。

 

≪令和2年12月8日更新情報≫

新型コロナ特例貸付の新規受付期間が令和3年3月31日まで延長となりました。

※貸付延長に関する申請書類は大阪府社会福祉協議会より順次ご自宅に送られてきます。岸和田市社会福祉協議会から申請書類をお渡しする事はありません。 

※貸付期間満了時においても引き続きコロナウイルスの影響を受けて減収や失業が続いている状況や就職活動等の状況など今後の方向性を確認させていただきます。状況によっては生活保護の案内させていただく事もあります。

 【貸付延長対象外世帯】

・過去に生活福祉資金を借入し、滞納している世帯 

・生活保護を申請されている方、受給されている世帯

・償還期間中に償還履行が困難と考えられる世帯

(収入の回復が見込めず、生活保護基準の収入額である場合など)

・多額の負債もしくは多額の預貯金がある世帯

・自立相談支援機関の支援を継続して受ける事が出来ない、希望しない世帯

 ・大阪府社会福祉協議会から延長申請に関するお知らせが到着していない世帯

 岸和田市自立相談支援センターは岸和田市から委託を受けた生活困窮者自立支援法に基づく自立相談機関です。

詳しくはこちら 

状況確認シート記載例

※貸付延長に関しては、貸付延長申込書に記載のある内容に同意いただいたと判断し、貸付に必要な範囲で関係機関(岸和田市役所関係各課(生活福祉課等)や公共職業安定所)等に申請者世帯の個人情報を共有させていただきます。

 ※貸付延長に関する審査は大阪府社会福祉協議会が行います。審査の結果不承認等になった場合も岸和田市社会福祉協議会では理由等をお伝えする事は出来ません。ご理解ください。 

 

 

≪通常の生活福祉資金貸付について≫ 

 低所得者、障がい者、高齢者の世帯に対して、経済的自立や生活意欲の助長促進、在宅福祉や社会参

 加の促進を図り、安定した生活を送れるよう支援するために、生活福祉資金の貸付制度の相談を行って

 います。

  生活福祉資金貸付事業は、大阪府社会福祉協議会が主体で、市町村の社会福祉協議会が窓口となって

 

 運営しています。

 

福祉資金 

 低所得者、障がい者または高齢者の世帯に対し、資金の貸付と必要な相談支援を行うことで、経済的

自立及び在宅福祉、社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度です。

(生業、技能習得、療養・介護、住宅増改築等)

 

教育支援資金

 低所得者世帯を対象に、学校教育法に規定する高校、短大、大学、高等専門学校に就学するのに必要

な経費を無利子でお貸しする貸付制度です。

 

総合支援資金

 失業や減収により生計維持が困難になり、生活再建のための継続的な相談支援を必要とする世帯に対

し、資金を貸し付けることで世帯の自立を支援する貸付制度です。

・生活支援費:月20万円(単身15万円)以内

・貸付期間:3か月以内(条件付き延長あり)

*住居のない離職の方には、公的制度給付等までのつなぎ資金制度もあります。

 

不動産担保型生活資金

 住み慣れた我が家で老後を送れるように、所有しているお住まいの土地・建物を担保として生活資金

をお貸しする貸付制度です。

・土地評価額:1000万円以上

・65歳以上・月30万円以内の貸付

 

緊急小口資金

 生活困窮世帯が緊急的かつ一時的に生計の維持が困難になった場合に、その必要な費用について少額の

貸付を行い、生活困窮者自立支援事業等との連携により、当面の課題の解決と世帯の自立支援を図ることを目的とした貸付制度です。

・貸付限度額:10万円

 

 詳しくは大阪府社会福祉協議会ホームページ

 

                                   お問い合わせはこちらへ

                               岸和田市社会福祉協議会 総務課

                               〒596-0076

                               岸和田市野田町1-5-5

                               (TEL) 072-439-8255